去年総括

2017/12/06

  • 良かったCD
    • サンボマスター 美しき人間の日々(問答無用。ダンチで一位)
    • ACIDMAN EQUAL(わかりやすい)
    • DRUM:KAN LOUISVILL(粗いギターが最高。しゃりしゃり、っとしたギターに飽きた人は是非)
    • EASTERN YOUTH DON QUIJOTE(びみょ)
    • JUDE ZHIVAGO(最近聴いてねぇ)
    • LOST IN TIME きのうのこと、あなたはいきている/秘密(やさしいからすき)
    • The Mad Capsule Markets CiSTm K0nFLiqT...(かなり良い。デジドッグ時代に通じる突き抜けた感あり)
    • Mosome Tonebender The Story Of Adventure、アンハッピー・ニューエイジ(正直びみょ。あんはぴはシングル版をお勧め。同時に購入されたし)
    • RAVEN 限りなく赤に近い黒(よく聴いた。これとサンボはものっそよう聞いた。めっさ孤独やったんで、その時の精神状況をさっぴいてもこれは良い感じ)
    • ROSSO 1000のタンバリン、DIRTY KARAT(正直アルバムでまだ聴ける曲はそれほどない。ジャムの延長という印象しか受けないので、ライブをこなしてよりバンド内部の関係が密になる事を期待して。「新人」バンドなんだし♪)
    • SYRUP16G MOUTH TO MOUTH、DELAYDEAD(一年に二枚も出せるのが凄い。勿論昔の曲も入ってるけど、殆ど新曲だしな。前者と後者はかなりカラーが違う。かんなりざっくり大まかに言うと、ポップな感じが前者で、ロック調な感じが後者。ともかく違いすぎて比較すら出来ないんだけど。今月末にはDVDも出るみたい)
    • Tokyo Sex Destruction Black Noise Is The New Sound(新境地。前作の攻撃力を保ちつつ、違う事にも手を出してみて失敗しなかったパターン。むしろ珍しいパターンです)
    • Zazen Boys Zazen BoysⅡ(残念ながらあぴーといなざわんて、脱退してしまいます。2NDでやっと盛り返してきた所なのに、もうダメかも)
  • 良かったライブ
    • サンボマスター、SWEET LOVE SHOWER 2004 SPRING EXTRA FREE。大阪城野外音楽堂にて。素晴らしかった。今年はそれに尽きると思った。これを見てから何を見ても薄く感じた。余ってるというか。その、余ってる感じが微塵もなかったのがこれ。凄い奴が出てきたんだよ。そこにさらに技術を加えて行くとマーズ・ヴォルタになる。つってもこの人ら、かなりうまいんだけどね。
    • 放〜三明〜。京都 磔磔にて2004年7月17日、だったらしい(既に記憶の外)。LOST IN TIMEと、MOSOME TONEBENDERが観られるという夢のような企画(もう1バンドは俺の中で抹消している)。しかも安かった!LOST IN TIMEは相変わらず気合の入った‥というよりはどこまでも気持ちの入った、優しさ溢れるステージを展開してくれる。甘ちょろい事言いつつも、演奏レベルは神。ベースヴォーカル海北氏の歌を届けたい、というような気持ちが素直に伝わる良いライブでした。MOSOME TONEBENDERに至ってはもう説明はいらんでしょ。どかーん、終了。ひたすらに密度の濃い空間でした。あのギターの音が最高に良い。クランチと、ファズの使い分けが完璧。ここぞという時の破壊力はやっぱファズじゃないとなぁ、と思ってしまう。そしてここも演奏は神レベル。重鎮とか言われてふんぞり返ってるどっかのバンドとは違う。この2バンドはどこまでも純粋にロックしたいだけ、というある種生存競争からは最も遠い所で生きていた。さて、今年は評価も更に辛くなるぞ。なんたってマーズヴォルタ観るからね。ああ、でも、期待しすぎて失敗した事多々あったからな。つか他観たいバンドもいないんだし無理してソニマニ行かんでもいいかな、と思い出している。アルバム出したらきっと大阪まで来るよね、とか甘い事を思っているが、それが平日だったらどーすんのとかまた思ってしまう。やっぱ行くわ。