昨夜は、予定通り 21時頃から晴れてくれました。

と言うことで、C-14 を載せた赤道儀の極軸望遠鏡を覗き、再調整。

まぁ、その前にファインダーと主鏡の光軸を合わせるのに、昼間、電柱を使って調整

で・・・カセグレンタイプの問題点と云われる筒内対流を体験しました。

f:id:nyancotan:20170903114215j:plain

       電柱の先(距離、約 1キロ)・・ピントがゆるゆるです。

直射日光を黒い筒に受けつつ、初の焦点距離 3910mm 直焦点撮影を行っていたのですが・・どんどんとピントが合わなくなりました。かげろう状態ですね。まぁ目的はファインダーとの光軸合わせなので、それ程、大きな問題ではありませんでしたが。。

f:id:nyancotan:20170903174600j:plain

そして、こんな夕景をみつつ夜を待ちました。で、電柱のピント位置のままだったので

f:id:nyancotan:20170903212701j:plain

まずは月でピント位置を調整しました。これは x 0.63 レデューサーを付けて撮影。これが C-14 でのファーストライトと云うことになりました。稼動開始です。デジカメですが、一応、記念のワンショット!と・・このあと適当に追尾のチェック、3910mm F11 直焦点でのテスト撮影、太った月も居りましたので適当に明るい天体を夜半まで。。未明の彗星を・・と思っていたのですが、再び曇ってしまい The END。